スポンサーリンク

伊万里梨カレーを食べてみた

王家
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
しっくん
しっくん

どーもこんちくわ。
しっくんです。

伊万里梨カレーを食べてみた。
伊万里牛入って書いてあるんだけど。
伊万里牛入伊万里梨カレーなのか、伊万里伊万里牛入梨カレーなのか、伊万里梨カレー伊万里牛入なのかは謎ですが。

透明のフィルムを開けると紙っぽい包装が現れます。

その袋を開けると、レトルトパウチの袋が入っています。

伊万里のブランド梨・伊万里梨をじっくりと煮込んだカレー。
スパイシーな風味にふわぁっと薫る梨の甘みがとっても爽やかな伊万里が誇るカレーです。

と、書いてあります。

そして裏面。
名称や原材料名などの上部に、開発ストーリーが。

伊万里梨カレー開発ストーリー

伊万里の誇るブランド梨と言えど、規格外品は市場に出荷できず、廃棄処分となります。しかし、味は規格品と変わりません。
どうにかならないものか・・・。
そんな思いから、伊万里梨を使った加工品の開発がスタートしたのです。
様々な試行錯誤の末、カレーにたどり着きましたが、そこでも梨の風味を活かすべく試作を積み重ね、ようやく完成したのがこの伊万里 梨カレーなのです。
そして、コストをギリギリまで削って、リーズナブルなお値段でご提供し、たくさんの方々に食べてもらいたい。
そんな、伊万里梨の生産者のもったいない精神が産んだカレーです。
どうぞ、ご賞味ください。

こちらがパッケージの裏に書いてある、開発ストーリーです。
僕が思っていたことと同じようなことが書いてありました。
これを見て、伊万里梨カレーの開発はやめようと思いました。
そして、僕もこの思いを広めるお手伝いをしたいと思いました。
「勝手に応援団」になります。
非公式応援団ですが、この思いを広めることが少しでもできますように。

あ、思いついた。
ワガママ王国は、勝手に応援団になろう。
そして、応援したいものを愛のままにワガママに応援していくことにしよう。

お皿にあけてみた。
黒っぽいカレー。
温めてみます。
500Wのレンジで2分間温めます。

具はこんな感じで入っています。
ひとくち食べると、ふわぁっと梨の爽やかな甘みがやってきます。
そして、最後にスパイシーが追いかけてきます。
普通においしい。
やっぱり僕の梨カレー開発はやめよう。
そして、このカレーを応援していこう。
さらに応援したい商品を増やしていこう。
そして、人と商品をつないでいこう。

そう思いました。

ワガママ王国はサポーターを募集しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

王家
スポンサーリンク
ワガママ王国をフォローする
ワガママ王国

コメント