スポンサーリンク

五月雨

あの日の世界
スポンサーリンク

細く長い雨が 体を濡らす
弱くて なのに止まなくて
まとわり付くシャツが 僕を責める

単純に 今を嘆くほど幼稚ではないが
戻れる場所がどこかにあるなら…
今の自分が 少しは軽くなるのに

細く長い雨を避けるように伝う 小さな軒先で
五月は賑やかなだけではなくて
臆病なあの人を待つ季節

雨上がりの空は とても綺麗で
なのに僕は あの人の幸せだけを望む事はできず

細く長い雨に打たれて 濡れたアスファルトに体を横たえるように
まとわり付くシャツが 僕を責める

2000/11/16

コメント

タイトルとURLをコピーしました